100歳以上、もっとも多いのは…都道府県別ランキング

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 「敬老の日」(16日)を前に、厚生労働省は13日、100歳以上となる高齢者数を発表した。今月15日時点で、昨年より1453人増えて7万1238人となる予定で、49年連続で過去最多を更新した。7万人を突破するのは初めて。

 同省によると、100歳以上の高齢者は、老人福祉法が制定され、国による表彰が始まった1963年には全国で153人だったが、98年には1万人を突破。今年について男女別にみると、女性が6万2775人(前年比1321人増)と88%を占め、男性は8463人(同132人増)だった。

 国内最高齢は、女性がギネスワールドレコーズ(英国)から世界最高齢と認定されている116歳の田中カ子かねさん(福岡県)。男性は112歳の渡辺智哲さん(新潟県)だった。

 人口10万人当たりの100歳以上の人数は全国平均で56・34人。都道府県別のトップは高知(101・42人)で、続いて鹿児島(100・87人)、島根(99・85人)が多く、上位10位までに中国・四国・九州から8県が入った。一方、最も少なかったのは埼玉(33・74人)で、愛知(37・15人)や千葉(39・68人)など、都市部で少ない傾向がみられた。

 平成の30年をみると、7月に発表された2018年の平均寿命は女性が87・32歳、男性81・25歳で、平成元年(1989年)と比べてともに5歳以上、延びている。同省は「医療技術の進歩と健康志向の高まりで、100歳以上の高齢者が年々増えている。令和は『人生100年時代』を迎えている」としている。

無断転載禁止
793778 0 国内 2019/09/13 12:31:00 2019/09/13 15:51:33 2019/09/13 15:51:33 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190913-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ