ハウス倒壊や牛乳廃棄…台風15号被害143億

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 農林水産省は13日、台風15号による現時点の被害総額が、千葉県や静岡県を中心に5県で約143億円にのぼることを発表した。千葉県での大規模停電の影響で、被害額は今後さらに増える見込み。

 約143億円のうち、農作物の被害は約136億円で、強風によって農業用ハウスが倒壊したり、水稲や大豆などが倒れたりするなどの被害が相次いだという。林野関係では、山林が崩れるなど約7億円の被害が確認された。停電の影響で酪農家では冷蔵ができない牛乳の廃棄も行われており、被害はさらに拡大するとみられる。

 農水省は今後、停電が続く千葉県の自治体に約20万食分の非常食や水を提供するという。江藤農相は13日午前の閣議後の記者会見で、「被害状況を速やかに把握し、スピード感を持って対応する」と話した。

無断転載禁止
793830 0 社会 2019/09/13 13:56:00 2019/09/13 13:56:00 2019/09/13 13:56:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ