倒壊した鉄柱、基礎固定のボルトが複数箇所破断…ゴルフ練習場

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

台風15号の影響で住宅地に倒れたゴルフ練習場の鉄柱とネット(9日、市原市で、読売ヘリから)=松本剛撮影
台風15号の影響で住宅地に倒れたゴルフ練習場の鉄柱とネット(9日、市原市で、読売ヘリから)=松本剛撮影

 台風15号の強風で鉄柱やネットが倒壊した千葉県市原市のゴルフ練習場「市原ゴルフガーデン」について、国土交通省や市が調査に乗り出したことが、市などへの取材で分かった。市は12日、建築基準法に基づき、運営会社に対し、鉄柱の建築確認当時の状況やその後の施工・管理に関して報告を求めた。同省と市で現地調査も実施しており、鉄柱が倒れた原因などを解明していく考えだ。

 運営会社によると、ゴルフ練習場は1973年頃に開業した。倒壊した鉄柱は当時からあったという。同社は今回、台風が近づく前に天井部のネットを下ろしたが、側面のネットは固定式のため下ろすことができなかったと説明する。

 倒壊は9日未明に発生。強風によって、練習場を囲う高さ最大約40メートルの鉄柱やネットが約100メートルにわたって倒れ、複数の住宅を直撃した。20歳代女性が軽傷を負った。

 同省と市は10日に現地調査を行った。鉄柱とコンクリートの基礎部分を固定するボルトが複数箇所破断していることなどを確認した。市は運営会社に対し、2週間程度での報告を求めた。

 ゴルフ練習場の鉄柱を巡っては、2014年に鎌ヶ谷市内で台風による倒壊事故が起きた。このため市原市は当時、市原ゴルフガーデンの運営会社に対して、台風など強風が予測される場合は事前の安全点検やネットを下ろす対策を求めていた。

無断転載禁止
794115 0 国内 2019/09/13 05:00:00 2019/09/13 05:00:00 2019/09/13 05:00:00 台風15号の影響で住宅地に倒れたゴルフ練習場のフェンス。千葉県市原市で。本社ヘリから。2019年9月9日撮影。強い台風15号は9日午前5時頃、千葉市付近に上陸し、関東を暴風域に巻き込みながら北上した。上陸した台風としては過去最強クラスとなった。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190913-OYT1I50039-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ