埼玉2例目の豚コレラ、1118頭の殺処分開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 埼玉県は17日、同県小鹿野おがの町の養豚場で家畜伝染病「とんコレラ」に感染した豚が確認され、飼育する1118頭の殺処分を始めたと発表した。13日に感染が確認された同県秩父市の養豚場の南西約5・5キロに位置しているが、感染経路はわかっていない。

 殺処分は18日に終える予定。同県の大野元裕知事は17日、イノシシや小動物の侵入を防ぐ柵の設置に対する助成や、殺処分を行う畜産農家への財政支援などを農林水産省に要望した。

 同省は、豚コレラが発生している地域で豚に対するワクチン接種を検討している。接種に踏み切るかどうかについて江藤農相は17日の閣議後記者会見で「専門家の意見も聞き、私の責任で決断したい」と述べた。

 同省によると、昨年9月に岐阜市の養豚場で飼育豚の感染が確認されて以来、43例目で、埼玉県内では2例目。

無断転載禁止
800356 0 国内 2019/09/17 21:33:00 2019/09/17 23:21:40 2019/09/17 23:21:40 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190917-OYT1I50078-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ