アライグマ「おねだりポーズ」人気…見事なバランス

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で、餌をもらおうと2本足で立って「おねだりポーズ」をするアライグマが人気を集めている。

 飼育員の由藤ゆとう綾さん(41)によると、木登りが上手なアライグマの特長を間近でみてもらおうと、約1年半前にY字の木の枝を取り付けた。専用のクッキーの載ったスプーンを差し出すと、ふらつきながらも見事にバランスを取って立ち、甘えるように前脚を伸ばして餌をねだる。その様子がツイッターなどのSNSで話題となり、遠方からも来園する人が増えたという。

Y字の木の枝に上り「おねだりポーズ」をとるアライグマ(12日、長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で)=美根京子撮影
Y字の木の枝に上り「おねだりポーズ」をとるアライグマ(12日、長崎県佐世保市の九十九島動植物園「森きらら」で)=美根京子撮影

 現在は、10歳の雄のブルックをはじめ9匹中4匹がこの技でファンを楽しませている。園内では来園者向けにアライグマ用の餌(100円)を数量限定で売っている。同園は「牙や爪があるので、餌やりは必ずスプーンを使ってほしい」と呼びかけている。

無断転載禁止
801378 0 国内 2019/09/18 12:04:00 2019/09/18 12:27:16 2019/09/18 12:27:16 Y字の木の枝に上り、おねだりポーズを見せるアライグマ(12日午後1時15分)=美根京子撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190918-OYT1I50026-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ