台風15号で被害、損保受付18万件超…さらに増加も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 日本損害保険協会は19日、台風15号による被害の受付件数が、13日時点で18万4548件に上ったと発表した。千葉県内では停電の影響で連絡が取れていないケースも多く、受付件数はさらに増加する可能性が高い。

 損保各社の全体の保険金支払額は数千億円規模に上る見通しだ。受付件数の内訳は、風による住宅の損害を補償する火災保険が約16万件、自動車の車両保険が約2万件、傷害保険などが約3000件だった。

無断転載・複製を禁じます
804027 0 社会 2019/09/19 18:48:00 2019/09/19 21:23:22 2019/09/19 21:23:22

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ