台風17号、あす朝にかけ九州・中国地方に接近

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 気象庁によると、大型で強い台風17号は東シナ海を北上しており、22日昼前から23日朝にかけ、暴風域を伴って九州北部や中国地方にかなり接近する見込みとなっている。その後は日本海を北東に進み、23日夜から24日にかけて、北日本に接近するとみられる。

 台風17号は22日午前4時現在、東シナ海の上空にあって、時速20キロメートルで北北東へ進んでいる。中心の気圧は970ヘクトパスカル。最大風速は35メートルで、最大瞬間風速は50メートルとなっている。台風周辺の湿った空気が流れ込むことで、西日本の太平洋側では非常に激しい雨が降っている。西日本から北日本の広い範囲で、台風本体の発達した雨雲や台風周辺の暖かく湿った空気が流れ込むため、23日にかけて雷を伴った非常に激しい雨が降る見込み。

 23日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で四国地方が400ミリ、九州北部と南部が300ミリ、近畿地方が180ミリ、中国地方が150ミリ。さらに、24日午前6時までの24時間に予想される雨量は、多い所で北海道が100ミリから200ミリ、近畿地方・北陸地方・東北地方でそれぞれ50ミリから100ミリとなっている。

 同庁は、土砂災害のほか、低い土地の浸水や河川の増水・氾濫にも警戒を呼びかけている。

無断転載禁止
808028 0 国内 2019/09/22 06:09:00 2019/09/22 07:15:31 2019/09/22 07:15:31

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ