恵那市の全養豚場で感染確認…8千頭殺処分開始

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 岐阜県は22日、同県恵那市の養豚場で家畜伝染病「とんコレラ」の感染が新たに確認されたと発表した。県は陸上自衛隊に災害派遣を要請し、飼育豚約8000頭の殺処分を始めた。農林水産省によると、岐阜市の養豚施設で昨年9月、豚コレラの感染が国内では26年ぶりに確認されて以降、1府7県で計45例目。

 県によると、恵那市の養豚場から21日、「飼育している豚が1頭死んだ」と連絡があった。遺伝子検査で18頭から陽性反応が確認され、県は国と協議し、豚コレラに感染したと判断した。

 この養豚場からは9月12日、浜松市の食肉処理施設に33頭、13日には名古屋市の食肉処理施設に34頭が出荷されたという。恵那市内では養豚場全6施設で感染が確認されたことになる。

無断転載禁止
808167 0 国内 2019/09/22 20:14:00 2019/09/22 20:14:25 2019/09/22 20:14:25

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ