カミキリ6648匹捕殺、でも被害拡大止まらず

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

クビアカツヤカミキリ
クビアカツヤカミキリ

 サクラやウメなどの樹木を食い荒らす外来の昆虫「クビアカツヤカミキリ」の駆除に取り組む群馬県館林市は27日、成虫の活動期(5月下旬~8月末)に市民らの人海戦術で6648匹を捕殺できたと発表した。とはいえ、県の調査では4~8月の被害は東毛7市町で3561本を数え、1510本だった前年の2倍を超えた。2017年の5倍超に増えており、被害拡大には歯止めがかかっていない。

 館林市は今年、「1匹で50円」などと報酬もつけて駆除作戦を実施。延べ250人以上がこれに参加した。森林総合研究所(茨城県)の試算では、6648匹という駆除実績は、約1400本の樹木を守ったことになるという。

 被害拡大を食い止めるには「こうした取り組みの継続が必要」(須藤和臣市長)ながら、道のりは険しい。

 県によると、館林市の被害本数は県内最多の1272本で、大泉町も658本、邑楽町も439本と、いずれも前年を大幅に上回った。被害に遭った木の多くはサクラだった。

無断転載禁止
818745 0 国内 2019/09/29 07:35:00 2019/09/29 07:35:00 2019/09/29 07:35:00 クビアカツヤカミキリ(群馬県館林市提供)(6月24日午後0時29分)クビアカツヤカミキリ(館林市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/09/20190927-OYT1I50091-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ