阪急と阪神の「梅田駅」、「大阪梅田駅」に改称

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 阪急電鉄と阪神電鉄の「梅田駅」の駅名が1日、「大阪梅田駅」に改称した。訪日外国人客らに「大阪の『梅田駅』」と分かりやすく伝えるためで、未明から各駅で看板などの更新が行われた。

 阪急梅田駅は1910年、阪神梅田駅は1906年に開業して以来、大阪中心部のターミナル駅として、多くの利用客に親しまれてきた。近年は急増する訪日外国人客らから「梅田駅が大阪のどこにあるのか分かりづらい」といった声が寄せられるようになった。消費税率の引き上げに伴い1日から運賃を改定するのに合わせて、駅名も変更した。

 阪急では9月下旬からホームの天井から下がる駅名看板の掛け替え作業に着手。1日午前2時頃、作業員が「うめだ 梅田」と書かれたシールをはがすと、「おおさかうめだ 大阪梅田」の駅名が現れた。担当者は「新しい駅名も末永く親しまれてほしい」と話した。

 関西の主な鉄道会社では他に、阪急の京都河原町駅(旧河原町駅)や阪神の鳴尾・武庫川女子大前駅(旧鳴尾駅)、京阪の龍谷大前深草駅(旧深草駅)などが新名称になった。

無断転載禁止
822267 0 国内 2019/10/01 12:15:00 2019/10/01 12:15:00 2019/10/01 12:15:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ