沈没の北漁船乗員60人、別の船に乗り移る…水産庁取締船と衝突後

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

国籍不明の漁船とみられる船舶(手前)と水産庁の漁業取締船(7日午後3時47分、石川県能登半島沖の北西約310キロで、読売機から)=守谷遼平撮影
国籍不明の漁船とみられる船舶(手前)と水産庁の漁業取締船(7日午後3時47分、石川県能登半島沖の北西約310キロで、読売機から)=守谷遼平撮影

 7日午前9時過ぎ、石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で、水産庁の漁業取締船「おおくに」(約1300総トン)と北朝鮮の漁船が衝突した。第9管区海上保安本部(新潟市)によると、漁船は間もなく沈没したが、乗員約60人は取締船から投げ入れられた救命いかだなどを使い、別の北朝鮮の漁船に乗り移った。取締船の乗務員にけがはなく、航行にも支障はないという。

 9管や水産庁によると、現場は能登半島の北西約350キロの日本海で、「大和やまとたい」と呼ばれる好漁場。午前8時50分、取締船が違法操業の漁船を発見し、約200メートル離れた地点からEEZ外に退去するよう警告した。その後、漁船の左を航行しながら放水を始めると、漁船が急に左旋回。午前9時7分、取締船の船首と漁船の左舷中央が衝突し、漁船は約20分後に沈没した。船は全長20メートル以上の鋼船で、イカ漁をしていたらしい。

 現場周辺の午前11時半時点の天候は曇りで、波の高さは約1・5メートル、海水温は19・6度だった。水産庁からの通報を受けて派遣された海上保安庁の巡視船3隻とヘリ、航空機が捜索に当たったほか、水産庁も船3隻を出動させた。

 海に投げ出された漁船の乗員は、取締船の乗務員が投入した救命いかだに避難した後、現場に来た別の北朝鮮の漁船に乗り移った。午後2時頃、海上保安庁の巡視船からスピーカーを使って「(乗員の数は)60人か」と朝鮮語で尋ねたところ、乗員らはジェスチャーで肯定したという。漁船はその後、現場を離れた。

 大和堆周辺は夏から秋頃にかけてイカの好漁場となるため、近年、北朝鮮漁船による違法操業が相次いでいる。海上保安庁は5月以降、複数の巡視船を出動させ、7日朝までに1016隻に退去警告を出し、うち189隻には放水も実施。水産庁も大和堆周辺を監視できるよう漁業取締船を重点的に配備していた。

 沈没した漁船の乗員の身柄を確保しなかった理由について、水産庁は「取り締まりの目的はEEZの外へ乗員を退去させること。結果的に迎えの船が来て退去したため、目的は達成された」としている。

無断転載禁止
833844 0 国内 2019/10/07 22:36:00 2019/10/08 08:54:16 2019/10/08 08:54:16 国籍不明の漁船とみられる船舶(手前)を監視する水産庁の漁業監視船(7日午後3時47分、石川県能登半島沖の北西約310キロで、本社機から)=守谷遼平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191007-OYT1I50063-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ