「不自由展」再開反対、憤る市長は座り込み・支払い保留意向

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」で、企画展「表現の不自由展・その後」が中止された問題で、芸術祭実行委員会会長の大村秀章・愛知県知事は7日夜、記者会見し、8日午後から企画展を再開すると発表した。企画展中止を受けて、展示中止をしていた海外作家らも展示を再開する。

 8日の入場方式は、芸術祭のホームページに午前10時頃、掲載する予定。1回あたり30人程度に制限して、1回1時間半程度で2回。事前に作品を解説する教育プログラムを受けた上で、ガイド付きで鑑賞する方式だという。9日以降は8日の状況を踏まえ、順調ならば人数を増やす方針だという。手荷物も預かり、金属探知機によるチェックも行う。芸術祭は10月14日まで。

        ◇

 芸術祭実行委会長代行を務め、企画展再開に反対していた河村たかし名古屋市長は7日夜、記者団の取材に応じ、「再開なんてとんでもない」と憤った。8日午前に展示内容を確認した上で、抗議の意思を示すため、同日午後、会場の愛知芸術文化センターで市長自ら座り込みを行う意向を明らかにした。

 また、市が負担する運営費の一部について、河村市長は支払いを保留する考えを示した。

無断転載禁止
833922 0 国内 2019/10/07 20:43:00 2019/10/08 00:56:24 2019/10/08 00:56:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ