「大型で猛烈」台風19号、15号並みの暴風か…広範囲で影響の恐れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大型で猛烈な台風19号は非常に強い勢力を維持したまま3連休中の12~13日に本州に接近、上陸する恐れがある。千葉県に大規模停電をもたらした9月の台風15号と同程度の暴風となる可能性が高い。

 気象庁によると、台風19号は10日午前0時現在、小笠原近海をゆっくりと北北西へ進んだ。中心気圧は915ヘクト・パスカル、中心付近の最大風速は55メートル。台風は北上を続け、日本列島は12日以降、暴風や警報級の大雨となる恐れがある。

 気象庁は9日、臨時の記者会見を開き、「広い範囲で大きな影響が出る恐れがあり、早めの対策を取ってほしい」と呼びかけた。

無断転載禁止
837434 0 国内 2019/10/09 19:39:00 2019/10/10 08:59:58 2019/10/10 08:59:58 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191009-OYT1I50075-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ