粘着テープ売り切れ、カセットコンロに飲料水など品薄状態

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

【随時更新】「過去最強クラスの台風19号に備えを」はこちら

台風19号で、ほぼ空になった粘着テープなど防災関連商品の陳列棚(11日午前、東京都荒川区で)=伊藤紘二撮影
台風19号で、ほぼ空になった粘着テープなど防災関連商品の陳列棚(11日午前、東京都荒川区で)=伊藤紘二撮影

 東京都内のホームセンターなどには、飲料水やブルーシートなどを買い求める多くの客が詰めかけた。荒川区の「ロイヤルホームセンター南千住店」では、10日からカセットコンロなどが売れ始め、11日午前には非常食などの商品棚でも空きが目立った。粘着テープは一度補充されたが、数分後には売り切れていた。台東区の主婦(45)は、先月の台風15号で自宅の網戸が飛んだといい、「今回は備えようと思った。想像はしていたが、品切ればかりでびっくりした」と話していた。

 足立区のスーパー「コモディイイダ 小台店」でも、11日朝の開店から混雑し、飲料水などが品薄状態になった。店長の男性は「東日本大震災以来の売り切れ状態だ。巨大な台風との予測があったがここまでとは。店に来てもらっているのに商品がないのは心苦しい」と話した。

無断転載禁止
840734 0 国内 2019/10/11 12:49:00 2019/10/11 12:49:00 2019/10/11 12:49:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191011-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ