「ハート岩」、落石で塞がる…でも撤去できない理由

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

穴が開いていたハート岩
穴が開いていたハート岩
落石で穴が見えなくなったハート岩(10日、海士町で)
落石で穴が見えなくなったハート岩(10日、海士町で)

 島根県海士町の海岸にある観光スポット「ハート岩」で今月、名前の由来となったハート形の穴の前に落石があり、見えにくくなった。SNSで「縁結びのパワースポット」などと話題になっていただけに、住民らが残念がっている。

 ハート岩は高さ約35メートルで海面近くに、幅3メートルほどのハート形の穴が開いている。地元では「屏風びょうぶ岩」の名前で知られるが、町観光協会などが十数年前からハート形をPRし、観光客が訪れていた。

 町によると、観光協会の職員が7日、穴の前に岩が落ちているのに気づいた。見る地点によって穴はわかるが、ハート形には見えないという。隠岐諸島は国連教育・科学・文化機関(ユネスコ)の「世界ジオパーク」になっており、落石の撤去はできない。町の担当者は「ありのままを楽しんでもらうしかない」と落胆している。

無断転載禁止
842499 0 国内 2019/10/12 18:22:00 2019/10/12 18:22:00 2019/10/12 18:22:00 穴が開いていたハート岩(海士町で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191011-OYT1I50071-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ