台風19号首都直撃、13都県に大雨特別警報

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

【随時更新】「過去最強クラスの台風19号」はこちら

河川敷まで濁流に覆われた多摩川(12日午後4時36分、川崎市高津区の新二子橋で)=関口寛人撮影
河川敷まで濁流に覆われた多摩川(12日午後4時36分、川崎市高津区の新二子橋で)=関口寛人撮影
水につかった多摩川近くの住宅地(10月12日午後9時44分、東京都世田谷区玉川で)=鍜冶明日翔撮影
水につかった多摩川近くの住宅地(10月12日午後9時44分、東京都世田谷区玉川で)=鍜冶明日翔撮影
水につかった多摩川近くの住宅地(10月12日午後9時38分、東京都世田谷区玉川で)=鍜冶明日翔撮影
水につかった多摩川近くの住宅地(10月12日午後9時38分、東京都世田谷区玉川で)=鍜冶明日翔撮影

 大型で強い台風19号は12日午後7時頃、静岡県の伊豆半島に上陸し、関東地方を北上した。台風が通過した地域では記録的な大雨となり、気象庁は12日夕から13日未明にかけて、東京や埼玉、神奈川など13都県に大雨特別警報を発表した。13都県への発表は、11府県に出された昨年7月の西日本豪雨を上回り、最多となる。東京都世田谷区で12日夜に多摩川が氾濫するなど、各地で被害が相次ぎ、首都圏を中心に1000万人以上に避難指示・勧告が出された。

 気象庁によると、特別警報が出たのは3都県のほか、静岡、長野、山梨、群馬、栃木、茨城、福島、新潟、宮城、岩手の各県。東京や神奈川など10都県への発表は初めてで、都内では板橋、練馬、豊島、北、世田谷の各区などに出された。同庁は緊急記者会見を開き「命を守る努力をしてほしい」と呼びかけた。

 静岡、山梨、東京、群馬、神奈川、埼玉各都県は解除された。

 同庁によると、台風は勢力を弱め、12日夕、「非常に強い」から「強い」に変わった。午後9時現在、川崎市付近を時速40キロで北北東へ進んだ。中心気圧は960ヘクト・パスカル、最大風速は40メートル。

 午後9時までの24時間雨量は、神奈川県箱根町で942・5ミリ、静岡県伊豆市で717・5ミリなど、いずれも観測史上1位を記録。風も吹き荒れ、東京都千代田区では同9時14分に41・5メートルの最大瞬間風速を観測した。

 多摩川の氾濫を受け、東京都は12日夜、自衛隊の災害派遣を要請した。

無断転載禁止
842555 0 国内 2019/10/12 19:06:00 2019/10/13 01:08:18 2019/10/13 01:08:18 氾濫危険水位を超えた多摩川(12日午後4時36分、川崎市高津区の新二子橋で)=関口寛人撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191012-OYT1I50061-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ