パナマ船籍の貨物船沈没か、5人死亡3人不明…川崎の沖合

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

【随時更新】「過去最強クラスの台風19号」はこちら

 12日午後9時40分頃、川崎市川崎区東扇島の約3キロ・メートル沖合で、台風19号による荒天で停泊していたパナマ船籍の貨物船「JIA DE」(乗組員12人、1925トン)の船舶自動識別装置(AIS)の位置情報が途絶えた。第3管区海上保安本部(横浜市)が捜索したところ、13日午前3時頃、海中に沈んでいるのが発見された。乗組員4人は付近で救助されたが、5人は船内や千葉県富津市沖で死亡しているのが見つかり、3人が行方不明という。

 同本部によると、同貨物船にはミャンマー人3人、中国人7人、ベトナム人2人が乗っていた。金属くずなどのスクラップを積み込むため、9日に川崎港に入ったが、台風の接近に伴い、沖合で停泊していたところ、12日夜に位置情報が消えた。

 救助された乗組員は「船内に水が入ってきた」と話しているという。

無断転載禁止
843996 0 社会 2019/10/13 20:13:00 2019/10/13 20:40:50 2019/10/13 20:40:50

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
800円650円
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様にコーヒー1杯サービス
NEW
参考画像
2000円1800円
NEW
参考画像
1100円550円
NEW
参考画像
790円720円

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ