避難所は「低体温症に注意」…震えのない症状も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 冬に向かうこの時期は寒暖の差が大きく、避難所では低体温症への注意が必要だ。

 厚生労働省が作成した避難所生活者向けのガイドライン(手引き)などによると、体の熱が逃げやすいのは顔、首、頭。なるべく厚着をし、帽子やマフラー、マスクを身につけて保温する。体温を上げるのに必要な水分や栄養の補給も心がけたい。

 低体温症は高齢者や乳幼児がなりやすい。自分で症状に気付かないこともあるため、周囲の目配りが大切になる。手足が冷たくなって震えが見られることが多いが、震えのない低体温症もある。

 ふらつきのほか、体が冷たいのに震えが止まったり意識がもうろうとしたりしたら要注意。すぐに医療機関を受診したほうがいい。

無断転載・複製を禁じます
849531 0 社会 2019/10/17 11:44:00 2019/10/17 11:44:00 2019/10/17 11:44:00 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191017-OYT1I50022-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ