AYA世代がん患者、2年で5万7千人…女性が男性の3・5倍

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 国立がん研究センターと国立成育医療研究センターは、2016~17年の2年間に、がん治療を始めた15~39歳のAYA(思春期・若年成人)世代の患者が、5万7788人だったと発表した。20歳以降から女性が増加し、AYA世代全体では女性が4万4946人で、男性(1万2842人)の3・5倍に達した。

 両センターは、がん診療連携拠点病院など全国の844専門医療機関で16年1月~17年12月に治療を始めた患者について、40歳未満のデータを解析した。

 年齢層別にみると、15~19歳は男性がわずかに多いが、20歳以降では女性が大きく上回っていた。14歳以下の小児がん患者は4513人だった。

 調査の詳細は国立がん研究センターのウェブサイト(https://ganjoho.jp/reg_stat/)で見られる。

 ◆AYA=Adolescent and Young Adult

無断転載禁止
851097 0 国内 2019/10/18 09:48:00 2019/10/18 14:52:46 2019/10/18 14:52:46

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ