全国に潜む「浄水場の災害リスク」…浸水区域でも未対策の施設多数

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風19号では浄水場などの水没や水道管の破損で最大15万戸が断水した。18日午後1時現在、12都県の9万5705戸が未解消だ。

断水が続く地区から、多くの人が訪れる給水所(18日、福島県いわき市で)=里見研撮影
断水が続く地区から、多くの人が訪れる給水所(18日、福島県いわき市で)=里見研撮影

 「断水が続く限り、生活再建もままならない」。同日朝の時点で3万6000戸が断水している福島県いわき市。自宅が床上浸水し、泥だらけになった室内を清掃する会社員男性(45)はため息をついた。

 清掃には友人らにもらった水を使っているが、泥を洗い落とすには到底足りない。親戚宅で避難生活を続ける男性は「自宅に戻れるのは当分先になりそう」とつぶやいた。市内の診療所も水不足で診察に影響が出かねない状況にある。

 断水の原因は、市内最大の平浄水場が水没したためだ。近くを流れる夏井川の氾濫が原因で、復旧には今後10日以上かかる見通し。浄水場は1974年に完成し、2000年に市のハザードマップで浸水想定区域に入ったが、特段の浸水対策は取っていなかったという。

 水道インフラの災害リスクは全国に潜む。昨夏の西日本豪雨を受け、厚生労働省が全国の主要な浄水場などを緊急点検したところ、3152施設が浸水想定区域にあることが判明。うち2552施設は防水扉を設けるなどの浸水対策も行われていなかった。

 同省はこのうち、浸水で大規模断水につながるおそれがある浄水場147か所の緊急対策の実施を決定。今年度の当初予算に259億円(土砂災害対策なども含む)を計上し、経営が厳しい水道事業者には対策費用の3分の1を補助している。台風19号の被災地には、38か所が含まれているという。

無断転載禁止
852264 0 国内 2019/10/18 20:49:00 2019/10/18 21:20:54 2019/10/18 21:20:54 給水所には、断水が続く地区からたくさんの人が訪れていた(18日午前7時12分、福島県いわき市で)=里見研撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191018-OYT1I50043-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ