「日本が沈没させた」北の主張に水産庁、事故発生時の13分動画公開

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 石川県能登半島沖の日本の排他的経済水域(EEZ)内で水産庁の漁業取締船と北朝鮮の漁船が衝突した事故を巡り、水産庁は18日、漁船が沈没するまでの経緯を撮影した動画を公開した。事故後、北朝鮮側は「日本が沈没させた」と主張して日本政府に損害賠償などを求めたが、水産庁は「映像などに基づき、取締船が正しく操船していたと考えている」としている。

北朝鮮の漁船(右)が水産庁の漁業取締船に衝突した瞬間の映像。漁船が左にかじを切って取締船にぶつかってきた様子が撮影されている(水産庁提供)
北朝鮮の漁船(右)が水産庁の漁業取締船に衝突した瞬間の映像。漁船が左にかじを切って取締船にぶつかってきた様子が撮影されている(水産庁提供)

 事故は7日午前9時すぎ、能登半島の北西約350キロの好漁場「大和堆やまとたい」で発生した。水産庁によると、取締船「おおくに」が、船上にイカを干していた漁船に密漁の疑いがあると判断して追跡を始めたという。

 約13分間の映像では、北朝鮮の国旗を付けた漁船が取締船の右側を並走。警告の放水を受けた漁船は約1分後、大きく左にかじを切り、「ガシャッ」と音を立てて取締船に衝突した。「曲げてきた、曲げてきた」「当たる当たる」と緊迫する水産庁職員の音声も収められている。

 その後、漁船は左に傾いて沈没。乗員が別の北朝鮮船に救助されたところで映像は終わる。水産庁によると、漁船の乗員約60人は全員無事だったという。

無断転載禁止
852265 0 国内 2019/10/18 21:53:00 2019/10/19 05:23:59 2019/10/19 05:23:59 北朝鮮の漁船が水産庁の漁業取締船に衝突した瞬間(水産庁提供の動画より) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191018-OYT1I50046-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ