「犠牲者の志つなぐ」京アニ社長、アニメ制作継続の決意語る

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

記者会見する京都アニメーションの八田英明社長(18日午後、京都市下京区で)
記者会見する京都アニメーションの八田英明社長(18日午後、京都市下京区で)

 京都アニメーションで36人が犠牲になった放火殺人事件で、発生から3か月を迎えた18日、同社の八田英明社長が京都市内で記者会見し、「犠牲者の志をつないでいく」とアニメ制作を継続していく決意を語った。事件で重軽傷を負った33人のうち27人が職場復帰したが、精神的な不調を訴えている社員が多いとし、「日常には遠い」と苦しい胸の内も明かした。

 事件では、京都市伏見区の第1スタジオにいた社員ら70人のうち36人が死亡、33人が重軽傷を負った。事件前に176人だった社員数は、退職者も出て137人に減少。負傷者33人中27人が仕事を再開したが、2人が自宅療養中で、府警によると4人が入院中という。

 今後は制作が中断していた人気シリーズ「ヴァイオレット・エヴァーガーデン」の続編映画の制作に集中的に取り組み、来春以降の公開を目指しているという。

無断転載禁止
852411 0 国内 2019/10/18 21:56:00 2019/10/18 22:37:39 2019/10/18 22:37:39 記者会見する京都アニメーション八田英明社長(18日午後2時11分、京都市下京区で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191018-OYT1I50048-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ