[深層NEWS]インバウンド感染症「国内の結核感染者、10%は外国人」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 川名明彦・防衛医大教授と、元厚生労働省技官で自民党の国光文乃・衆院議員、浜田篤郎・東京医大病院教授が18日、BS日テレの「深層NEWS」に出演し、海外から持ち込まれる感染症「インバウンド感染症」について議論した。コメンテーターは読売新聞医療部の利根川昌紀記者が務めた。

 訪日外国人が持ち込む感染症について、国光氏は「国内での結核感染者の10%は外国人。特に若い世代が多い」と指摘した。来年夏の東京五輪・パラリンピックについて、川名氏は「1か所に大勢の人が集まり、感染症が広がるリスクが高まる」、浜田氏は「日本は夏でも、南半球の流行国からインフルエンザが持ち込まれ、五輪会場で広がる可能性がある」と指摘した。

無断転載禁止
852560 0 社会 2019/10/18 22:54:00 2019/10/18 22:54:00 2019/10/18 22:54:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ