台風20号接近、太平洋側中心に大雨のおそれ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風19号の影響で夏井川が氾濫し、断水のため休校していた福島県いわき市の公立小中学校24校で21日、授業が再開された。学びやに子どもたちの明るい声が戻ったが、19校では断水が続き、トイレの水は雨水を利用するなどの対応を取っている。

 児童236人が通う同市立赤井小学校では、全校児童の家庭の約3割にあたる56世帯が床上浸水の被害に遭った。子どもたちはこの日、泥水が引いて粉じんが舞う通学路をマスクをつけて登校した。

 福島県では台風の影響で公立115校が休校した。21日時点で郡山市や相馬市などの6校で休校が続き、このうち2校で再開の見通しが立っていない。

     ◇

 台風20号は21日、日本の南の太平洋上を北上し、西日本から東日本の太平洋側を中心に21日夜から22日にかけて大雨となるおそれがある。22日未明に温帯低気圧となる見込みだが、台風19号によって地盤が緩んだり、堤防が決壊したりした地域では、少しの雨でも洪水の危険が再び高まるおそれがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

無断転載禁止
855885 0 国内 2019/10/21 12:05:00 2019/10/21 13:34:30 2019/10/21 13:34:30 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191021-OYT1I50040-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ