台風が温帯低気圧に変わっても…大雨続き洪水の恐れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風20号は21日、日本の南の海上を北東に進んだ。同日午後6時に温帯低気圧に変わったが、22日は近畿から東日本の太平洋側を中心に広い範囲で雨が降り、局地的に猛烈な雨となる見込みだ。台風19号の被災地では、少しの雨でも洪水の危険性が高まる恐れがあり、気象庁は警戒を呼びかけている。

 気象庁によると、台風20号から変わった温帯低気圧は21日午後9時現在、紀伊半島沖を時速20キロで北東へ進んでいる。この影響で、関東甲信では22日に大雨となる所があり、東北の太平洋側では22日から23日に雨となる見通し。

 台風21号も日本のはるか南の海上にあり、21日夜に非常に強い勢力となった。23日から24日頃には小笠原近海に進み、26日には温帯低気圧に変わって日本の東の海上に達する見込み。

無断転載禁止
856721 0 国内 2019/10/21 19:14:00 2019/10/22 09:17:49 2019/10/22 09:17:49

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

ラグビーワールドカップ

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ