水面をすいすい、整然と泳ぐアオリイカ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

海面直下を移動するアオリイカの群れ(20日、大月町で)=秋山哲也撮影
海面直下を移動するアオリイカの群れ(20日、大月町で)=秋山哲也撮影

 高知県大月町柏島の海岸で、整然と泳ぐアオリイカの群れが撮影された。透明度の高い海中に潜り、水面をすいすい回遊する姿を鮮やかにとらえている。

 水深1~2メートルの浅場。体長10~15センチで、近くにキビナゴの群れがおり、餌を求めて寄ってきたらしい。

 柏島では、NPO法人「黒潮実感センター」(神田優センター長)の呼びかけで、2001年から地元ダイバーや町立大月小の児童らが、ヒノキの間伐材を海底に沈めて産卵床を設けるなど、アオリイカの資源保護に取り組んでいる。

 アオリイカは春に生まれ、食欲旺盛な秋に餌を食べて太り、冬の訪れとともに深い海域に移っていくという。

無断転載・複製を禁じます
863484 0 社会 2019/10/25 12:22:00 2019/10/25 12:22:00 2019/10/25 12:22:00 竜ケ浜の水面直下を移動する、体長15センチほどに成長したアオリイカの群れ(10月20日、幡多郡大月町柏島で)=秋山哲也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191025-OYT1I50041-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ