大雨死者の半数、車移動中に水没…徒歩の避難呼びかけ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 台風21号や低気圧の影響に伴う25日の記録的な大雨で、千葉、福島両県で死亡した10人のうち半数の5人が、水没した車内などで亡くなる「車中死」だったことが分かった。台風19号でも同様の犠牲者が多く出ており、国は注意を呼びかけている。

 大雨による死者は27日現在、千葉県で9人、福島県で1人。両県や警察、消防などによると、このうち千葉の4人と福島の1人が「車中死」だった。

 千葉県長南町では、道路の冠水で水没した車の中から男性(91)の遺体が見つかった。町内の別の場所では道路の水が引いた後、水没で立ち往生していた車のすぐ近くで、乗っていた男性(81)の遺体が発見された。

 一宮川が氾濫した同県長柄町では、男性(88)が車内で見つかり、死亡が確認されるなど2人が亡くなった。移動中に車ごと流され、車内で身動きが取れなくなったとみられる。

 福島県相馬市では、長男(38)と車で移動中、車ごと流されたとみられる母親(61)が遺体で見つかった。長男は行方不明のままで、27日も捜索が続いたが、発見には至らなかった。

 日本自動車連盟(JAF)によると、乗用車は水深30センチ程度の道を時速30キロで走行すると、巻き上げる水がエンジンルームに入って停止する可能性がある。水深60センチでは時速10キロでしばらく走ることができるが、やがてエンジンが止まるという。内閣府は、災害時の避難は原則的に徒歩にするよう求めている。

無断転載・複製を禁じます
867313 0 社会 2019/10/27 22:18:00 2019/10/27 22:18:00 2019/10/27 22:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ