「M字屋根」の渋谷新駅、来年1月3日オープン…メトロ銀座線

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

銀座線渋谷駅の構内イメージ図。M字のホーム屋根が特徴(東京メトロ提供)
銀座線渋谷駅の構内イメージ図。M字のホーム屋根が特徴(東京メトロ提供)
銀座線渋谷駅の明治通り側出入り口のイメージ図(東京メトロ提供)
銀座線渋谷駅の明治通り側出入り口のイメージ図(東京メトロ提供)

 東京メトロは28日、渋谷地区の大規模再開発に伴い、明治通りの真上に移設工事中の銀座線渋谷駅について、来年1月3日の始発から新駅舎での営業を始めると発表した。

 新駅舎は、現在ある東急百貨店東横店の3階部分から、約130メートル東に移設される。M字形のアーチ45本を連ねた屋根が特徴で、ホーム幅も6メートルから12メートルに広がる。営業開始後、屋根の上部には11月1日開業の「渋谷スクランブルスクエア」などの商業施設やJR渋谷駅方面に自由に行き来できる通路の整備も進められる。

 ホーム移設や線路切り替えの大規模作業に伴い、銀座線は12月28日始発から1月2日終電にかけ、渋谷―表参道間と青山一丁目―溜池山王間で運休する。

無断転載禁止
869628 0 国内 2019/10/28 22:49:00 2019/10/29 07:30:03 2019/10/29 07:30:03 銀座線渋谷駅の構内イメージ図。M字のホーム屋根が特徴(東京メトロ提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191028-OYT1I50038-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ