イノシシ捕獲で市が奨励金支給へ…1頭1万円

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

1月に秋田県由利本荘市内で捕獲されたイノシシ=市提供
1月に秋田県由利本荘市内で捕獲されたイノシシ=市提供

 秋田県南部を中心に、イノシシの食害が拡大する中、同県由利本荘市は、今期の狩猟期間(11月1日~来年2月15日)から狩猟者に、捕獲1頭につき1万円の奨励金を支給する。

 従来、イノシシの「空白地帯」とされてきた同県内だが、近年は湯沢市を中心に目撃例が増えている。温暖化の影響で、福島、宮城県方面から生息域を拡大させているとみられる。

 由利本荘市によると、市内では2012年に初めて目撃された。それ以来、今年8月末までに計41頭が目撃され、鳥海地区では4頭が捕獲されている。農産物の食害も17年に水田で確認された。

 これまでは軽微な被害で済んでいるが、市は、イノシシが市内に生息域を延ばし、食害や人身被害が相次ぐような事態を防ぐため、狩猟者に奨励金を支給し、捕獲を推進することで抑止策としたい考えだ。

無断転載・複製を禁じます
871411 0 社会 2019/10/29 18:18:00 2019/10/29 18:18:00 2019/10/29 18:18:00 由利本荘市で今年1月に捕獲されたイノシシ(由利本荘市提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/10/20191028-OYT1I50054-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ