首里城の美術品、420点焼失か…琉球王国時代の工芸品も

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

首里城を実況見分する警察や消防隊員ら。右は北殿、中央は南殿・番所(1日午後1時55分、那覇市で)=泉祥平撮影
首里城を実況見分する警察や消防隊員ら。右は北殿、中央は南殿・番所(1日午後1時55分、那覇市で)=泉祥平撮影

 那覇市の世界文化遺産・首里城跡に立つ首里城の正殿(せいでん)などが全焼した火災で、城内に収蔵されていた美術品約1500点のうち、耐火性の収蔵庫に保管されていなかった少なくとも約420点が焼失した可能性が高いことがわかった。正殿などに展示、保管されていた琉球王国時代の工芸品などが含まれているという。

 首里城を管理・運営する一般財団法人・沖縄美(ちゅ)ら島財団が1日、那覇市内で記者会見して明らかにした。残る美術品1000点余りには、県指定文化財の絵画、工芸品など3点が含まれ、耐火性の収蔵庫に保管されていたが、1日までに確認できておらず、焼損したかは不明という。首里城跡の石垣や基礎などの遺構は正殿の地下に保存されているが、これも確認できていない。国宝はなかった。

 また、過去に漏電や電気系統のトラブルなどは起きていないという。

 火災現場では1日、沖縄県警と那覇市消防局の実況見分が行われた。県警などは、警備員が最初に正殿北側から煙を目撃したことなどから、正殿内部が出火元とみて調べている。しかし、大量のがれきがあるため、出火原因の特定には時間がかかる見通しという。2日も引き続き実況見分を行う予定。

無断転載禁止
877032 0 国内 2019/11/01 21:24:00 2019/11/02 07:35:57 2019/11/02 07:35:57 首里城を実況見分する警察や消防隊員ら(1日午後1時55分、那覇市で)=泉祥平撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191101-OYT1I50049-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ