「青い池」幻想的にライトアップ…北海道美瑛町

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 北海道美瑛町の観光名所「青い池」で1日、ライトアップが始まった。青く照らされた水面みなもから立ち枯れた白いカラマツが突き出る幻想的な光景に、観光客らは見入っていた。

青い水面にカラマツの枯れ木や紅葉が幻想的に浮かび上がる「青い池」(北海道美瑛町で)=松本拓也撮影
青い水面にカラマツの枯れ木や紅葉が幻想的に浮かび上がる「青い池」(北海道美瑛町で)=松本拓也撮影

 青い池は十勝岳の砂防工事で出来た人工池。上流から流れ込んだ水にアルミニウム成分が含まれており、昼間は太陽光を散乱させて青く見えるという。埼玉県三郷市の男性(71)は「青い光が神秘的。一度は見たかったので夢がかなってうれしい」と話した。

 ライトアップは来年4月末まで、日没頃から午後9時まで行われる。

無断転載禁止
877689 0 社会 2019/11/02 11:37:00 2019/11/02 11:37:00 2019/11/02 11:37:00 青い水面にカラマツの枯れ木や紅葉が幻想的に浮かび上がる「青い池」(1日午後5時26分、北海道美瑛町で)=松本拓也撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191102-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

一緒に読もう新聞コンクール

新着クーポン

NEW
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
NEW
参考画像
600円300円
NEW
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス
NEW
参考画像
ご宿泊のお客様の夕食時に地酒(お銚子)またはソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ