天王寺動物園のカワセミ逃げる…イベント会場で

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

行方不明になったワライカワセミのアキーゴ(大阪市天王寺動物園提供)
行方不明になったワライカワセミのアキーゴ(大阪市天王寺動物園提供)

 大阪市天王寺動物園(天王寺区)は3日、ワライカワセミのアキーゴ(2歳)が、イベント会場の花博記念公園鶴見緑地(鶴見区など)から逃げ、行方不明になったと発表した。

 同園によると、イベント準備中の3日午前10時過ぎ、アキーゴがいなくなっているのに職員が気づいた。つないでいたロープの金具が劣化のため破損し、外れたとみられる。職員が日没まで捜したが、見つからなかった。

 アキーゴは体長約40センチで、ハトぐらいの大きさ。羽は茶色や青色で、腹部は白い。人工飼育で育ち、慣れているという。ワライカワセミは、人間の笑い声のような鳴き声が特徴。

 同園では9月にも、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが一時行方不明になった。同園は「再発防止に取り組む中でまた逃げてしまい、申し訳ない」としている。情報提供は同園事務所(06・6771・2174)。

無断転載禁止
879804 0 国内 2019/11/04 00:19:00 2019/11/04 02:01:42 2019/11/04 02:01:42 行方がわからなくなっているワライカワセミのアキーゴ(天王寺動物園提供) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191104-OYT1I50000-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ