逃げたワライカワセミ「アキーゴ」を保護…天王寺動物園

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大阪市天王寺動物園(天王寺区)は4日、イベント会場の花博記念公園鶴見緑地(鶴見区など)で逃げ出して行方不明になっていたワライカワセミのアキーゴ(2歳)が見つかり、保護したと発表した。

 保護されたのは、鶴見緑地(鶴見区など)内のプール近く。4日午前7時45分頃、職員が発見し、約1時間半後、餌を見せておびきよせて捕獲したという。アキーゴは3日午前10時過ぎ、イベントのために鶴見緑地に連れてこられていたところ、つないでいたロープの金具が破損して逃げ出していた。

 同園では9月にも、カリフォルニアアシカの赤ちゃんが一時行方不明になっており、牧慎一郎園長は「すぐに見つかりほっとしている。再発防止策を講じるとしていた直後のことで申し訳ない」と話した。

無断転載禁止
880152 0 国内 2019/11/04 12:29:00 2019/11/04 14:35:23 2019/11/04 14:35:23

ピックアップ

読売新聞購読申し込み_東京2020オリンピックパラリンピックキャンペーン

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
挑むKANSAI
読売新聞社からのお知らせ