「座りたくて」折り返し乗車、駅側は「検札」で対抗

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

不正乗車への注意を呼びかけるポスター(浦和美園駅で)
不正乗車への注意を呼びかけるポスター(浦和美園駅で)

 埼玉高速鉄道で、通勤・通学時間帯に座るため一度下り電車に乗って、上り方面始発駅の浦和美園駅(さいたま市緑区)で折り返す利用者が後を絶たない。定期券や乗車券の区間外で乗り過ごし、折り返した時などに、改札を出ずに乗車する場合は無賃乗車となる。同鉄道は「区間外での乗車は不正になることをもっと呼びかけなければならない」と頭を悩ませている。(水野友晴)

 

■身を隠す客も

 同鉄道によると、2018年3月頃から、「浦和美園駅で下車しなかったり、折り返して駅始発の電車に乗る人がいたりして座ることができない」などと同駅利用者の苦情が増加した。同年10月23日、午前7~8時半の時間帯で、同駅で降車して改札を出ずに反対側のホームに移動する駅利用者の乗車券の検札をしたところ、定期券などの有効区間外の運賃を支払わずに乗車していた駅利用者は、169人中75人にのぼった。駅員に見つからないようにトイレや駅構内のコンビニに身を隠す乗客もいたという。

 不正乗車をしていた乗客は駅員の聞き取りに対し「座りたくてやってしまった」「このような使い方をしても良いと考えていた」などと答えたという。

 

■人口増背景か

 折り返し乗車に関する苦情は18年の1年間で96件と、前年の17年から約50件増加。同鉄道の担当者は「浦和美園地区の人口増加が背景にあるのではないか」と話す。

 浦和美園地区は2000年に国土交通省から区画整理の事業認可を受け、道路整備や同駅周辺の開発、商業施設、マンションの建設が進んだ。今年1月末時点の人口は1万1800人と3年前から約5000人増加。同鉄道の担当者は「浦和美園から1~3駅先くらいの沿線沿いの通勤・通学者が最寄り駅から座れなくなり、始発である浦和美園駅で折り返すようになったのではないか」と分析する。

 

■検札効果あり

 同鉄道は対策として18年10月から毎月1回程度の検札を実施。駅構内には不正乗車の注意を呼びかけるポスターなどを貼った。19年4月からは、平日午前7~8時には同駅で下り電車の乗客を全員ホームへ降車させる取り組みも始めた。

 今年7月に行われた検札では、129人を調べたうち、不正乗車をしていた駅利用者は17人と大幅に減少した。同鉄道は「乗客の皆様に気持ちよく使っていただけるよう対策に取り組み、不正乗車ゼロを目指したい」と話している。

 午前6~7時台に浦和美園駅から通勤しているさいたま市緑区の男性会社員(49)は「折り返している人はほぼ毎日見る。気分はよくはならない。駅もいろいろ取り組んでくれているが、利用客のモラルが向上しない限りなくならないと思う」と話した。

無断転載禁止
886117 0 国内 2019/11/07 05:00:00 2019/11/08 08:51:46 2019/11/08 08:51:46 不正乗車への注意を呼びかけるポスター(31日午後3時24分、浦和美園駅で)=水野友晴撮影 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191107-OYT1I50021-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ