桜島で噴火、噴煙最も高い5500m…8合目付近まで噴石

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 8日午後5時24分、鹿児島市・桜島の南岳山頂火口で爆発的噴火があり、噴煙が火口から5500メートルまで上がった。鹿児島地方気象台によると、噴煙の高さとしては1955年から残る記録の中で最も高い。5000メートルに達したのは2016年7月26日の昭和火口噴火以来3年ぶりで、南岳山頂火口では00年10月7日以来19年ぶり。

 同気象台によると、8合目付近(火口から500~700メートル)まで噴石が飛んだ。気象庁は桜島の噴火警戒レベル3(入山規制)を継続している。

無断転載禁止
888789 0 国内 2019/11/08 19:41:00 2019/11/09 00:28:27 2019/11/09 00:28:27

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ