島の宝「ツシマジカ」が害獣に…道路や公園に群れ

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

島北部の運動公園で目撃されたツシマジカの群れ(8月、長崎県対馬市で)=杉原敏さん提供
島北部の運動公園で目撃されたツシマジカの群れ(8月、長崎県対馬市で)=杉原敏さん提供

 長崎県の離島・対馬(対馬市)にのみ生息する「ツシマジカ」の頭数が急増し、林業などに被害を与えている。約50年前に県の天然記念物(生息地)に指定され、捕獲を禁止されたことが急増の一因。既に指定は解除されているが、「島の宝」と呼ばれたかつての希少種は今、害獣となって市民生活に影響を及ぼしている。

 対馬市の杉原敏さん(76)は今夏、島北部の運動公園でツシマジカ9頭の群れを見かけた。杉原さんは「山中の道路でもよく見かけるようになった。今年は特に多いのでは」と話す。

 ニホンジカの亜種で成獣の体長は約1メートル。戦後、狩猟で数百頭にまで減少し、1966年に県天然記念物に指定された。しかし、その後に頭数が急増。市などによると、推定生息数は2015年度時点で約3万9000頭に上る。県は04年に天然記念物の指定を解除し、有害鳥獣と位置付けた。

 県などによると、畑地では野菜やイモ類が食べられ、18年度の農作物被害額は計約280万円。スギやヒノキの樹皮を歯や角で剥がされるなどの被害も頻発しており、17年度の林業被害面積は約440ヘクタールと09年度より30ヘクタール以上拡大した。

 また、国内で対馬だけに自生する多年草「ハクウンキスゲ」の食害も確認。今ではシカが入れない急峻きゅうしゅんな崖など、限られた場所に残るだけとなった。

 市は今年3月、県や環境省と「シカ対策戦略検討会議」を設立し、効率的な捕獲の方策などについて検討を始めた。ただ、シカを捕獲する猟師約190人のうち約7割が60歳以上と高齢化が進んでおり、抜本的な対策は見いだせていない。

 東京農工大大学院の梶光一名誉教授(野生動物保護管理学)は「天然記念物に指定した動物の管理という発想が欠落していたことが問題。行政は今後、具体的な計画を立てて対応に当たるべきだ」と指摘している。

無断転載禁止
889710 0 国内 2019/11/09 05:00:00 2019/11/09 05:00:00 2019/11/09 05:00:00 ツシマジカの群れ(杉原敏さん撮影) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191109-OYT1I50018-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

 


東京オリンピックパラリンピックオフィシャル新聞パートナー

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ