福知山線の事故車両、JR西が保存へ…社員の安全教育に活用

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 2005年4月に兵庫県尼崎市で起きたJR福知山線脱線事故で、JR西日本は16日、同県伊丹市内のホテルで遺族や負傷者らを対象にした説明会を開いた。事故車両を大阪府吹田市内の社員研修施設で保存して社員の安全教育に活用する方針を提示し、遺族らに理解を求めた。

 事故車両は7両編成で、多くの犠牲者が出た1~4両目は同県高砂市内に、5~7両目は大阪市内に保管されている。JR西は、社員研修施設「鉄道安全考動こうどう館」を拡張し、全ての事故車両を保存する考えを示した。一般公開する予定はないという。事故現場の追悼施設「祈りのもり」での車両の保存を求める声などもあるが、将来の検討課題とした。

 この説明に対し、遺族の一人は「社員研修施設で列車の安全に携わる人が見て、事故防止に役立ててもらいたい」と理解を示した。

無断転載・複製を禁じます
902544 0 社会 2019/11/16 21:39:00 2019/11/16 21:39:00 2019/11/16 21:39:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ