ローマ教皇の警備、1万人体制…テロに備え銃器所持の「ERT」待機

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ローマ教皇の来日を受け、警視庁や長崎、広島両県警などは計約1万人態勢で警備にあたり、訪問先や移動経路で交通規制を行う。

 ローマ教皇は23日夕に羽田空港に到着。24日に被爆地の長崎、広島両県を訪れるほか、25日は都内で東日本大震災の被災者らと面会し、東京ドームで大規模なミサを行う。

 警視庁はミサを狙ったテロに備え、銃器を所持した「緊急時対応部隊(ERT)」を周辺に待機させる。多くの信者らが集まるため、転倒事故にも警戒する。

無断転載禁止
913739 0 国内 2019/11/22 23:32:00 2019/11/22 23:32:00 2019/11/22 23:32:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ