禁煙治療、加熱式たばこも保険適用…厚労省検討

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 たばこをやめられないニコチン依存症の人を対象にした禁煙治療について、厚生労働省は、煙の出ない「加熱式たばこ」の喫煙者の禁煙治療も公的医療保険の対象に加える検討を始めた。治療を続けやすくするため、対面診療との組み合わせを条件に、スマートフォンなどを使ったオンライン診療を認めることも検討する。22日に開かれた中央社会保険医療協議会(厚労相の諮問機関)に提案した。

 禁煙治療では、たばこを吸いたい欲求を抑える飲み薬や貼り薬が使われる。

 加熱式たばこから吸い込む蒸気には、ニコチンなど健康に影響を与える有害物質が含まれており、保険での治療が必要と判断した。

 ただし、治療を終えられる人は4割に満たないことを念頭に、委員から「継続率が低い。まずはその分析が必要だ」などの指摘もあり、厚労省は慎重に検討する方針だ。

 日本たばこ産業(東京)の推計では、国内たばこ市場に占める加熱式たばこの占有率(出荷量ベース)は2019年に約23%に達する見込みで、16年は約3%、17年は約12%、18年は約21%と急伸している。

無断転載禁止
916674 0 国内 2019/11/25 14:33:00 2019/11/25 14:33:00 2019/11/25 14:33:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ