小籔さん起用「人生会議しとこ」ポスターに批判…「死を連想させる」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

厚生労働省が自治体向けの発送を見合わせた「人生会議」のポスター
厚生労働省が自治体向けの発送を見合わせた「人生会議」のポスター

 終末期にどのような医療を受けたいかを家族や医療関係者と話し合ってもらうよう促すために厚生労働省が作ったポスターについて、同省は26日、全国の自治体へのポスター発送を当面見送ることを決めた。複数のがん患者支援団体から内容に批判が上がったためで、併せて制作したPR動画の公開も見送る。

 同省は、終末期の医療やケアを家族らで話し合うことについて、「人生会議」と名付けてPRしている。問題のポスターは、お笑い芸人の小籔千豊かずとよさんが病院着姿でベッドに横たわり、「人生会議しとこ」と呼びかける内容。25日に同省のホームページで公表すると、複数の団体から「苦しい治療を受ける患者の気持ちを傷つける」「死を連想させるデザインはナンセンス」と改善を求める要望書が届いた。

 ポスターは病院などでの掲示用に、26日に約1万4000枚を自治体などに発送予定だったが取りやめた。同省在宅医療推進室は「指摘を受け止め、改善を含めて検討する」としている。

無断転載禁止
918876 0 国内 2019/11/26 21:06:00 2019/11/27 07:58:42 2019/11/27 07:58:42 自治体向けの発送を見合わせた「人生会議」のポスター https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191126-OYT1I50059-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ