漫画ダウンロード、画像の写り込み・数コマならOK…文化庁が方針

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 インターネットを通し、海賊版と知りながら漫画をダウンロード(DL)する行為などの違法化に向け、文化庁の検討会の初会合が27日開かれ、著作権法改正案についての実質的な議論が再スタートした。有識者や弁護士に加え、漫画家ら関係者も参加している。

 これまでの意見公募(パブリックコメント)で、不安の声が多く寄せられた、スマートフォンなどによる画像保存(スクリーンショット)での違法画像の写り込みや、数十ページの漫画のうち数コマをDLするケースなど、「軽微なもの」については違法としないことを条文上で明示する方針が同庁から示された。

 また、違法とする範囲を、原作をそのままDLする行為や著作権者の利益を不当に害する行為などに絞り込むべきだとする案など、外部から提出された案も列挙された。今後は、検討会の議論に委ねるという。

 同庁は、海賊版被害への実効的な対策と、国民のインターネット利用を萎縮いしゅくさせないことを両立させる著作権法の改正案作りを目指す。早ければ来春の国会提出もあり得るとしている。

 漫画などを無断掲載する「海賊版サイト」対策を巡っては、同庁は当初、今年の通常国会での著作権法改正案成立を目指していたが、一部漫画家や有識者から反対意見が出て、法案提出を見送っていた。

無断転載禁止
919934 0 国内 2019/11/27 12:14:00 2019/11/27 12:14:00 2019/11/27 12:14:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ