勉強・仕事・家族よりゲーム大切…平日に3時間、10~20代の20%

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 若者の「ゲーム依存」に関する初めての全国実態調査の結果が27日公表され、10~29歳の5人に1人が、平日に3時間以上ゲームをしていることが分かった。生活や健康への影響も浮き彫りになり、国は来年度からゲーム依存への対応を強化する方針だ。

 調査は厚生労働省の事業の一環で行われ、今年1~3月、国立病院機構久里浜医療センター(神奈川県)が実施。10~29歳の5096人から回答があり、そのうち直近1年間でゲームをした4438人に実情を聞いた。

 平日にゲームに費やす時間を聞く質問で、1時間以上は60・0%に達した。3時間以上と答えた人は18・3%に上り、男女別では、男性は24・6%、女性は10・4%だった。休日に3時間以上ゲームをする人の割合は37・8%だった。全体の2割以上が「ゲームをやめなければいけない時にやめられないことがあった」と回答した。

 また、2・8%は平日6時間以上ゲームをすると回答し、そのうち2割以上が「学業に悪影響が出たり、仕事を失ったりしてもゲームを続けた」「勉強や仕事、友人との付き合い、家族の行事よりゲームの方が大切」などと答えた。6時間以上と答えた人の約4割は、頭痛や睡眠障害などを抱えてもゲームを続けたという。

 世界保健機関(WHO)は今年5月、「ゲーム依存症」を精神疾患の一つとして位置づけたが、治療のための指針はまだない。同センターの樋口進院長は「スマートフォンの普及でオンラインゲームにのめり込む若者が増え、日常生活への悪影響が出ている。相談を受ける人や治療する医師向けの指針や手引を作るなど態勢を整える必要がある」と指摘。厚労省は来年度から、地域医療に携わる医師らに対してアルコールや薬物、ギャンブルをテーマに行う実務者研修を、ゲーム依存にも広げる方針だ。

無断転載・複製を禁じます
920520 0 社会 2019/11/27 20:06:00 2019/11/28 01:31:47 2019/11/28 01:31:47 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/11/20191128-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

新着クーポン

NEW
参考画像
500円400円
参考画像
ランチでご来店のお客様にジェラートをサービス
参考画像
アクティビティご利用でソフトドリンク1本サービス

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
発言小町
OTEKOMACHI
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
The Japan News
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ