住宅街の小学校校庭にヒグマ、猟友会が駆除…北海道・帯広

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 1日午前1時50分頃、北海道帯広市西16南31の住宅街で「ヒグマ1頭が歩いている」と、車で通りかかった男性が110番した。

 クマはその後、市内を流れるウツベツ川沿いを約4キロ北上、市立帯広小学校の敷地に入り込み、校庭の木に登った。午前11時頃、地元猟友会のハンターが樹上にいたクマを駆除した。当時、校内に児童はおらず、けが人はなかった。

 帯広小はJR帯広駅から約1・4キロ北西の市中心部にある。市によると、クマは4~5歳の雌で、体長約1・5メートル、体重約150キロ。校内では窓ガラスの一部を割ったという。

無断転載禁止
927378 0 国内 2019/12/01 12:47:00 2019/12/01 19:52:24 2019/12/01 19:52:24

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ