新井浩文被告、求刑通り懲役5年判決…「卑劣で悪質」「不合理な弁解に終始」

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

新井浩文被告
新井浩文被告

 出張マッサージ店の女性従業員に乱暴したとして、強制性交罪に問われた韓国籍で元俳優の新井浩文(本名・パク慶培キョンベ)被告(40)に対し、東京地裁は2日、求刑通り懲役5年の判決を言い渡した。滝岡俊文裁判長は「性的欲求を優先させた卑劣で悪質な犯行で、厳しい非難に値する」と述べた。弁護側は即日、控訴した。

 判決によると、新井被告は昨年7月1日、東京都世田谷区の自宅マンションで、マッサージ店から派遣された女性従業員の頭を両手でつかむなどの暴行を加え、乱暴した。

 公判で弁護側は、女性の抵抗を困難にするような暴行はしていないとした上で、「女性が強く抵抗しなかったため、性行為に合意していると誤解していた」と無罪を主張した。

 しかし判決は、新井被告が女性から何度も拒絶感を示されたのに乱暴に及んだと認定した。さらに「性的サービスを要求しない」とする店の同意書に新井被告が署名していたことなどから「合意があったと誤解するとは到底考え難い」と判断。その上で「マッサージ中という抵抗しにくい状況に付け入った犯行で、実刑は免れない。不合理な弁解に終始しており、酌量減軽すべきではない」と述べた。

 滝岡裁判長は判決後、「失った信頼を取り戻すのは現実には難しいが、人生は終わっていない。責任に向き合い、信頼を取り戻す努力をしてください」と説諭した。黒のスーツ姿の新井被告は一礼し、退廷時に改めて滝岡裁判長に頭を下げた。

無断転載禁止
928395 0 国内 2019/12/02 10:10:00 2019/12/02 16:14:15 2019/12/02 16:14:15 俳優・新井浩文さん。素の自分をさらけ出すことに抵抗はない、と語る。19歳で青森から上京し、漠然と「有名になりたい」と思っていた。偶然出会った映画プロデューサーの荒戸源次郎氏と、彼の紹介で出会った映画関係者の「格好良さ」にひかれ、俳優を一生の仕事にしようと思った。「どんな役だろうとやる。格好良いと思われたいとか一切ない」。だから、ふだんから自分の素の姿をさらけ出すことにも抵抗はない。東京・渋谷区で。2016年11月29日撮影。同年12月14日夕刊[山あり谷あり]掲載。 https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191202-OYT1I50025-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ