小5に同級生6人「金持って来ないと遊ばない」…家から10万円以上持ち出す

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 名古屋市教育委員会は2日、市立小学校に通う5年生の男子児童が、同級生6人から現金を要求され、自宅から10万~20万円程度を持ち出していたと発表した。市教委はいじめ防止対策推進法に定める「重大事態」と認定し、第三者による市のいじめ対策検討会議に報告するとしている。

 市教委によると、児童は今年8~10月、同級生から「金を持って来ないと遊ばない」などと言われ、自宅から十数回にわたって現金を持ち出した。同級生と児童のゲームセンター代などに使われたという。

 10月に児童の母親から相談を受けた学校の調査で判明。同級生らは事実を認め、児童に謝罪したという。検討会議では、再発防止策や追加調査の必要性について議論する。

無断転載禁止
929738 0 国内 2019/12/02 21:02:00 2019/12/03 15:47:48 2019/12/03 15:47:48

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ