寒風に3~4週間、村上の「塩引きサケ」作り最盛期

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

塩引きサケは寒風にさらすことで味に深みが増す(2日午前11時56分、新潟県村上市大町の「千年鮭きっかわ」で)=梅林澄人撮影
塩引きサケは寒風にさらすことで味に深みが増す(2日午前11時56分、新潟県村上市大町の「千年鮭きっかわ」で)=梅林澄人撮影

 新潟県村上市で、伝統の「塩引きサケ」作りが最盛期を迎えている。

 塩引きサケを使った郷土料理は江戸時代から続くとされ、地元では大みそかに食べて一年を締めくくる「年取り魚」という風習もある。

 サケの加工販売会社「千年鮭きっかわ」では、塩をすり込んだサケを4、5日間おけに置き、水で洗った後に天井からつるす。1000匹ほどが連なり、寒風に3、4週間さらすと発酵が進み、独特な香りや風味を持つようになるという。

 同社の吉川真嗣社長(55)は「地域の食文化の一つ。サケのうま味を楽しんでほしい」と語る。

無断転載禁止
931031 0 国内 2019/12/03 14:57:00 2019/12/03 14:57:00 2019/12/03 14:57:00 塩引きサケの状態を確認する職人(2日午前11時56分、新潟県村上市大町の「千年鮭きっかわ」で) https://www.yomiuri.co.jp/media/2019/12/20191203-OYT1I50034-T.jpg?type=thumbnail

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ