パトカーに追われた車が道路脇に衝突、運転の15歳少女重傷

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 3日午前1時45分頃、長崎市宝町の国道206号で、長崎県警稲佐署のパトカーに追跡されていた軽乗用車が道路脇の壁に衝突し、運転していた市内のアルバイト従業員の少女(15)が骨盤骨折などの重傷、助手席にいた市内の女子専門学校生(16)が軽傷を負った。

 同署の発表では、パトカーは事故前、赤色点滅信号を無視した車を発見。赤色灯をつけ、サイレンを鳴らして停止を呼びかけながら約1キロ追跡した。少女は父親名義の車を無免許で運転していたという。

 岩木浩副署長は「現時点では適正な追跡だったと考えている」としている。

無断転載禁止
930961 0 国内 2019/12/03 14:23:00 2019/12/03 15:40:06 2019/12/03 15:40:06

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ