スノボ元五輪代表・国母被告が保釈…弁護人が保釈金300万円納付

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 大麻取締法違反(輸入)と関税法違反で起訴されたスノーボード・ハーフパイプの元五輪代表、国母和宏被告(31)が3日夕、勾留先の警視庁東京湾岸署から保釈された。東京地裁が2日に保釈を認め、国母被告の弁護人が3日に保釈保証金300万円を納付した。

無断転載禁止
930987 0 国内 2019/12/03 14:30:00 2019/12/03 20:57:10 2019/12/03 20:57:10

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ