胃潰瘍の治療薬「ニザチジン」に発がん性物質…一部を自主回収

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 ゼリア新薬工業(東京都)は3日、胃潰瘍などの治療薬「ニザチジン」の一部を自主回収すると発表した。出荷した製品から、基準を超える発がん性物質が検出された。これまでに大きな健康被害は報告されていないという。回収の対象は、2017年2月~18年12月に出荷された製品の一部。

 厚生労働省は9月、胃潰瘍などの治療薬に発がん性物質が含まれる可能性があるとして、製造販売会社に成分を分析するよう指示していた。

無断転載禁止
931477 0 国内 2019/12/03 19:18:00 2019/12/03 19:18:00 2019/12/03 19:18:00

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ