3歳児暴行死疑いで男逮捕…母親の同居女性が海外出張中

メモ入力
-最大400文字まで

完了しました

 東京・豊洲のマンション室内で9月、同居していた女性の当時3歳の息子に暴力を振るって死なせたとして、警視庁は3日、東京都昭島市郷地町、会社員渡辺雄二容疑者(34)を傷害致死容疑で逮捕した。警視庁は、日常的な虐待がなかったかどうか調べている。

 発表によると、渡辺容疑者は9月28日頃、当時住んでいた江東区豊洲のタワーマンション室内で、同居女性の息子で当時3歳だった男児の腹部に暴行を加え、翌日に搬送先の病院で死亡させた疑い。「何もしておりません」と容疑を否認している。

 渡辺容疑者は9月28日の午後1時25分頃、「子どもが風呂で浮いている」と119番。救急隊が駆けつけた際、男児は既に心肺停止状態だった。

 死因・身元調査法に基づく解剖の結果、腹部の打撲で内臓が損傷したことによる失血死で、溺死などではなかったことが判明。ほかにあざなどはなかったが、警視庁は、何者かが腹部に暴行を加えた疑いがあるとみて捜査していた。

 渡辺容疑者は今年春から女性と男児と同居を始め、未就学の自分の長男を含め4人暮らしだった。事件当時、女性は海外出張中で、渡辺容疑者が1人で子ども2人の面倒を見ていたという。

 警視庁は、男児のけがの程度や、室内に出入りした人物がいなかったことなどから、渡辺容疑者が暴行を加えた疑いが強いと判断した。

 警視庁や児童相談所に、虐待や家庭内暴力に関する情報は寄せられていなかったという。渡辺容疑者は事件後に転居し、渡辺容疑者の長男は施設に保護されている。警視庁は、女性からも話を聞き、当時の生活実態を調べている。

無断転載禁止
931526 0 国内 2019/12/03 19:50:00 2019/12/03 22:34:35 2019/12/03 22:34:35

ピックアップ

読売新聞購読申し込み

アクセスランキング

読売IDのご登録でもっと便利に

一般会員登録はこちら(無料)
ページTOP
読売新聞社の運営するサイト
ヨミダス歴史館
ヨミドクター
The Japan News
発言小町
OTEKOMACHI
ささっとー
元気ニッポン!
未来貢献プロジェクト
YOMIURI BRAND STUDIO
美術展ナビ
教育ネットワーク
活字・文化プロジェクト
よみうり報知写真館
読売新聞社からのお知らせ